コンドロイチンと軟骨

コンドロイチンと軟骨

コンドロイチンと軟骨

コンドロイチンの働きを理解することで、より効率よく摂取することができると思いますし、また、それによるさまざまな効果も増進するかもしれません。
今現在は、あまり症状に悩んではいないという人も、実際に人間にとって必要な栄養素ですので、今後のためにぜひコンドロイチンの働きを覚えておいてください。
まず、前回も触れましたように軟骨の形成にとても効果がありますが、これはなぜかというと、コンドロイチンが軟骨部分に大きく関与しているからなのですね。
軟骨部分には血管がありませんから、他の体の部位のように血液によって酸素や栄養分を運んだり、必要なくなった老廃物を代謝して運び出したりすることができません。
その代わりとして、軟骨部分の水分がその役目を持ち、血管と同じような働きをしています。
軟骨は通常、実に全体の65〜80%が水分で占めていて、血管と同じ役割をすることが充分にできるのです。
そして、その軟骨はそもそも何のためにあるのかということですが、骨と骨がこすれ合う時に発生する摩擦を軽減するためのもので、さらには、骨にかかる衝撃を緩和してくれるという働きもしています。
そのような働きをしている軟骨の水分は、加齢などさまざまな理由で減ってしまいます。すると、関節に痛みを感じてくるようになります。
加齢により老化しても軟骨に水分を充分に蓄えておくたには、コンドロイチンが不可欠になってくるわけです。

 

コンドロイチンと軟骨
野菜宅配

ホーム RSS購読 サイトマップ