コンドロイチンの美容効果

コンドロイチンの美容効果

コンドロイチンの美容効果

これまでにも何度か、コンドロイチンはお肌にも大変、効果があるというお話をしてまいりました。
本日は、コンドロイチンが美容に及ぼす効果について、もう少々詳しく取り上げてみたいと思います。
コンドロイチンがどのように関節に良いのか・・・ということは、すでに何度もお話してまいりました。
コンドロイチンは、水分を保持する働きがとても高いので、軟骨部分に水分をたくさんためておいて、関節を柔軟にするのでしたね。
ということは、コンドロイチンを内服することで、お肌の方にもコンドロイチンが働き、その高い水分保持力によって、お肌をうるおしてくれるということになりますね。
それで、コンドロイチンがお肌に効果があると言えるのです。
女性のかただったら、よくわかっていると思いますが、お肌というのは水分がないと乾燥してしまい、カサカサになって粉をふいたようになってしまったり、シワにもなりやすくなってしまいます。
また、乾燥肌が続きますと刺激に弱い敏感肌になってしまったり、かゆみが発生したりもします。
そのようなことにならないように、いつも女性は、洗顔後に化粧水をつけたり、乳液やクリームを塗ったりしているのです。
それでも、コンドロイチンが足りなくなってきますと、水分をいくら外側から補給してあげても、ダメなのですね。
ですから、コンドロイチンを内服することで内側からお肌をうるおすと良いのです。
勿論、美容の場合にはコラーゲンやヒアルロン酸なども必要となりますから、コンドロイチンだけ摂取しても劇的な変化は望むことができませんが、うるおいに関しては、変化が感じられると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ