グルコサミンコンドロイチン

グルコサミンコンドロイチン

グルコサミンコンドロイチン

コンドロイチンとグルコサミンの違いを考えると、コンドロイチンもグルコサミンも出来ればどちらも摂取するほうが、関節痛にはより効果があることが分かるかと思います。
勿論、片方だけではいけないということはありませんが、相乗効果が生まれます。
また、同じような働きをするコンドロイチンとグルコサミン。その原料のも違いがあります。
どちらも関節痛にとても効果的な成分でありながらも、その原料に使用しているものが異なっています。


コンドロイチンの原料に使用されているものにつきましては、以前にもご紹介したことがありましたね。
サメの軟骨を使用している場合が圧倒的に多く、その他に使用するものとして、豚の軟骨であったり、魚介類・・・とくに鮭やイカを使用することもあります。
一方、グルコサミンの方は、どのようなものを原料にしているのかというと、甲殻類・・・つまりカニやエビなどを使用しているのですね。
カニやエビなどの外皮にたくさん含まれている成分なのです。
また、トウモロコシから摘出する場合もあります。
原料が同じであったら働きも同じになってしまいますから、原料が違っているのは当たり前のことでもあるでしょう。
異なった原料でありながらも、同じ部分に相乗作用のような形で効果的なのがこの両者でもあります。
これで、コンドロイチンとグルコサミンの違いがお分かりになりましたか。


ホーム RSS購読 サイトマップ