コンドロイチンとヒアルロン酸

コンドロイチンとヒアルロン酸

コンドロイチンとヒアルロン酸

コンドロイチンとヒアルロン酸についてお話してみたいと思います。
ヒアルロン酸もまた、美容には欠かすことのできない成分です。
コンドロイチンと同様に、水分をしっかりと保持して、お肌にうるおいを与えてくれるのがヒアルロン酸です。
一見、コンドロイチンと同じような効果に思えるのですが、実際には、どのようなところが異なっているのでしょう。
実際、効果はとてもよく似ています。
コンドロイチンにつきましては、もうすでに何度か詳しい説明をいたしましたので、今回はヒアルロン酸の説明をいたしましょう。
ヒアルロン酸という成分は、たったの1グラムで6リットルもの水分を保持できると言われています。
この水分保持力は目を見張るものがありますね。

そのため、コンドロイチンと同じように保湿作用に注目されています。
ただ、ヒアルロン酸のほうは原料を一度にたくさん採ることが出来ないため、とても高価だという難点があります。
コンドロイチンの方は、一般的にはサメの軟骨から採りますから、それほど量的に問題はないということですが、ヒアルロン酸の方は、鶏のトサカの部分にごく微量に含まれているものですから、高価であるのも仕方がありません。
さらに、高価であるにもかかわらず、体内での代謝がとても早いという効果があります。
逆に言うと、すぐに利用され、無くなってしまうということもいえます。
勿論、人間の体内でも生産されているのですが、これも加齢によって減ってゆきます。
コンドロイチンはじめ、さまざまな成分をまんべんなくとることが、重要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ