乳児と妊婦の場合

乳児と妊婦の場合

乳児と妊婦

コンドロイチンは、乳児と妊婦は摂取しないほうがよいという人もいます。
ただし、本来コンドロイチンは人間の体内にもある物質ですし、色々な食品の中にも含まれている成分ですから、摂取してはいけないということではありません。
現在のところでは、副作用もなかったですよね。
しかしまず、乳児にはわざわざ与える必要のない成分であるとも言えるでしょう。
乳児は、成長に必要な成分は母乳から摂取しますし、自らの体内にも充分に持っています。
妊婦さんの場合には、医薬品としてのコンドロイチンの服用は推奨されていません。
当然、妊娠した女性の多くは、医薬品には注意するでしょうから大丈夫だとは思いますが、コンドロイチンならば良いだろうと判断するかたもいるかもしれませんから、ここでお伝えしておいた方が良いでしょう。

たとえ、コンドロイチンであっても医薬品となっているものは、避けた方がよいのです。
勿論どうしてもという場合には、医師に相談すれば良いでしょう。
また、何らかの持病を持っているかたも、医師に相談してください。
以前にもお話しましたが、コンドロイチンは血液を凝固させない効果がありますから、それがかえってデメリットになる病気のかたもいるからです。
乳児、妊婦、持病もちのかたは、医薬品のコンドロイチンには要注意ということです。


ホーム RSS購読 サイトマップ