コンドロイチンと腰痛

コンドロイチンと腰痛

コンドロイチンと腰痛

年を取ってくると腰が痛むという機会が急に増えてきますね。
しかし、近年では、若い方であっても腰痛持ちの場合が増えています。
これは、姿勢の問題もあるでしょうし、栄養バランスの問題なども原因として考えられます。
姿勢が悪くなったり、栄養バランスが悪くなったりするのは、そもそも生活習慣に問題があるのでしょう。
そして腰に痛みを感じたなら、まずは湿布をしてみたり、整体に行ってみたり、腰用のベルトを購入してつけてみたりしているようです。


勿論、それらにも効果はあるでしょう。
しかし、外側からの治療だけでは、根本的な治療にはならないのですね。
勿論、年齢が若い場合には、外側からちょっと治療を加えるだけでも回復することは多々あります。
まだ、自然治癒力も活発に働いていますし、体内のコンドロイチンが一気に減少したりしたわけでもありませんからね。
ですが、コンドロイチンが減ってゆくのは20歳ころという説があります。
そうして、50歳になるころには、もう20歳ころの半分程度しか残っていないというのです。
あまりにも早いと思いませんか。
それを考えますと、もう30代の腰痛であってもコンドロイチンを補ってあげたくなりますね。
最も、腰痛に限らず、若いうちから関節痛に悩むようであれば、コンドロイチンを試してみるのも良いでしょう。
そして、コンドロイチンの効果があってもなくても、病院にも行ってみ津古とは必要でしょう。
もしかすると、なんらかの病気である可能性も決してゼロではないですからね。


ホーム RSS購読 サイトマップ