コンドロイチンの原料

コンドロイチンの原料

コンドロイチンの原料

コンドロイチンが人間の身体に必要不可欠なものであり、サプリメントや食事でできるだけとるように心がけていきましょう。
コンドロイチン、特に医薬品やサプリメントなどに使用するコンドロイチンは、いったい何を原料としているのでしょうか。
一般的に販売されているコンドロイチンの原料に使用されているのは、サメの軟骨が多いようですね。
他には、豚の軟骨であったり、魚介類・・・例えば鮭やイカなどを使用しているものが多いです。
どれが最も効果的ということはなく、どれもコンドロイチンであることに変わりはないので、効果はちゃんとあります。
ただし、原料自体も100%がコンドロイチンで出来ているわけではありませんから、原料をサプリメントに加工した場合でも、100%のコンドロイチンが出来上がるわけではありません。
中には、他の成分が混ざっている場合も多々あります。
それらは、コンドロイチンの効果を相乗作用によって強めるものである場合も多いですが、基本的には、やはりコンドロイチンの配合分量が、できるだけ多いものを選ぶと良いでしょう。
また、原料が国産であるのか、国外産であるのか、という問題にこだわるかたは、直接、メーカーに問い合わせるなどしてみた方がいいかもしれません。
国産100%というコンドロイチンは、少ないのではないかと思います。
長く続けるつもりであるのならば、いろいろ試しながら、お気に入りのコンドロイチンを探すのも良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ